性病検査について

 

日本で感染者数の最も多い性感染症は、性器クラミジア感染症です。
他にも淋病、HIV、梅毒といった感染症も一般的に知られています。
特に梅毒に関しては、日本全体で感染者が急増しており2021年には感染症法に基づく調査が始まって依頼、最も多い報告数となっています。

性感染症は、自分には無縁と感じている方も多いと思いますが、1度でも性交渉を行ったことがある場合は、誰でもうつる可能性があります。
日本での感染者は、HPVがおおよそ10人に1人、クラミジアが20人に1人と意外と身近な感染症であり、なにも症状がない人がたまたま検査して見つかるケースもよくあるので、定期検査することをおすすめします。



渋谷院:外来・内科受付時間

表は横にスクロールします

MYメディカルクリニック渋谷 03-4579-901103-4579-9011
MYメディカルクリニック大手町 03-4565-020003-4565-0200
MYメディカルクリニック横浜みなとみらい 03-4570-054903-4570-0549
 
午前の部9:00~12:30 ×
午後の部13:30~16:30 ×
夜間の部18:00~20:15 × × ×

※休診日:土曜夜間/日曜夜間/祝祭日

※レディース外来【婦人科】は月曜・水曜・金曜・土曜の午前午後、【乳腺科】は土曜の午前に診療しております。



大手町院:外来・内科受付時間

表は横にスクロールします

 
午前の部9:00~12:30 × × ×
午後の部13:30~16:30 × × ×
夜間の部18:00~20:00 × × ×

※休診日:土曜/日曜/祝祭日

※レディース外来【婦人科】は火曜・水曜・木曜・金曜に診療しております。




横浜みなとみらい院:外来・内科受付時間

表は横にスクロールします

 
午前の部9:00~12:30 × ×
午後の部13:30~16:30 × ×
夜間の部18:00~20:00 × × ×

※休診日:土曜夜間/日曜/祝祭日

※レディース外来【婦人科】は火曜日/金曜日に診療しております。



性病検査診療内容

性病検査

性病コンプリート検査

複数の性病検査をまとめてすべて検査できるセットメニューです。
代表的な性感染症に関する検査をすべて受けたい方におすすめです。

検査項目
男性:14項目
女性:15項目
HIV、梅毒、B型肝炎、C型肝炎、ヘルペス、クラミジア(のど・性器)、淋病(のど・性器)、マイコプラズマ(性器)、ウレアプラズマ(性器)、カンジタ、トリコモナス、一般細菌、HPV(女性のみ)
検査方法 採血、尿検査 / 腟ぬぐい、のど検査
金額 (税込) 男性:¥35,200
女性:¥38,500

各種性病検査

1項目ずつ各検査を選んで受けることも可能です。
受けたい項目が決まっている方や各個人で検査を組み合わせたい方におすすめです。

検査料金

各種性病検査

表は横にスクロールします

検査項目 金額(税込) 対象性別 検査方法 結果
HIV ¥5,500 男女共通 採血 1週間後以降
梅毒 ¥3,300 男女共通 1週間後以降
B型肝炎 ¥3,300 男女共通 1週間後以降
C型肝炎 ¥3,300 男女共通 1週間後以降
ヘルペス ¥5,500 男女共通 1週間後以降
クラミジア(のど/性器) ¥2,200 男女共通 のど:うがい液
性器:尿(男性)
性器:腟(女性)
1週間後以降
淋菌(のど/性器) ¥2,200 男女共通 1週間後以降
マイコプラズマ(性器) ¥3,300 男女共通 1週間後以降
ウレアプラズマ(性器) ¥3,300 男女共通 1週間後以降
カンジダ ¥4,400 男女共通 性器:尿(男性)
性器:腟(女性)
1週間後以降
トリコモナス ¥3,300 男女共通 1週間後以降
一般細菌 ¥3,300 男女共通 1週間後以降
HPV(高リスク) ¥5,500 女性 1週間後以降
スクロールできます



各種性病検査について

各種性病検査項目

採血HIV
HIVとは、ヒト免疫不全ウイルス (Human Immunodeficiency Virus)の略称です。 HIVは、細菌やウイルス、がん細胞などから身体を守る免疫機能を壊すため、HIVに感染することで、免疫機能が低下します。 免疫機能が低下している結果、数年〜10年で健康であれば何ともない菌やウイルスに感染をおこし様々な病気を発症します。 その病気がAIDS指標疾患とされる病気にあてはまると、AIDSを発症したと診断されます。
HIVについて詳しく知る
採血梅毒
梅毒とは、梅毒トレポネーマという病原菌に感染することで起こる感染症です。 主に性器周辺、口腔粘膜や咽頭周囲に感染し、症状を引き起こします。
梅毒について詳しく知る
採血B型肝炎
B型肝炎とは、B型肝炎ウイルス(HBV)の感染によって起こる肝臓の病気です。
B型肝炎について詳しく知る
採血C型肝炎
C型肝炎とは、C型肝炎ウイルス(HCV)の感染によって起こる肝臓の病気です。
C型肝炎について詳しく知る
採血ヘルペス
ヘルペスとは、ヘルペスウイルスに感染することで起こる感染症です。
皮膚や粘膜、性器に感染し、赤み、水ぶくれ、神経痛などの症状をきたす病気です。
ヘルペス検査は、単純ヘルペスウィルス(HSV)の抗体を血液検査で確認します。
ヘルペスについて詳しく知る
尿・腟クラミジア
クラミジアとは、クラミジア・トラコマティスという病原菌に感染することで起こる感染症です。 主に尿道や子宮頸管、咽頭に感染し、症状を引き起こします。クラミジア感染では自覚症状は乏しいですが、子宮頸管から卵管を通じて腹腔内に広がることがあります。癒着を形成し、不妊の原因になることがあります。腟分泌物を採取し、クラミジア・トラコマティスの有無を調べます。
クラミジアについて詳しく知る
尿・腟淋病
淋病とは、淋菌という細菌に感染することで、生殖器を中心に炎症を起こす感染症の一種です。 主に男性の尿道や女性の子宮頸管、その他にも咽頭粘膜、稀に目などにも感染します。
淋病について詳しく知る
尿・腟マイコプラズマ
マイコプラズマは、マイコプラズマ・ホミニス、マイコプラズマ・ジェネタリウムという病原菌に感染することで起こる感染症です。 マイコプラズマ肺炎はマイコプラズマ・ニューモニアという病原菌が原因なので、性感染症のマイコプラズマとは異なるものです。 主に男性の尿道や女性の子宮頸管、その他にも咽頭粘膜などに感染します。
マイコプラズマについて詳しく知る
尿・腟ウレアプラズマ
ウレアプラズマは、ウレアプラズマ・パルバム、ウレアプラズマ・ウレアリチカムという病原菌に感染することで起こる感染症です。主に男性の尿道や女性の子宮頸管、その他にも咽頭粘膜などに感染します。
ウレアプラズマについて詳しく知る
尿・腟カンジタ
カンジダとは、カンジダ属の真菌(しんきん)というカビの一種によって起こる性器の感染症です。 主に男性の尿道、性器周辺の皮膚、女性は子宮頸管、性器周辺の皮膚に感染します。 常在菌による自己感染が多いですが、性的接触によっても感染します。
カンジタについて詳しく知る
尿・腟トリコモナス
トリコモナスは、原虫という生物が性器内に入り込み、炎症を起こす性感染症の一種です。 男性の場合は前立腺や精のう、尿道、女性の場合は腟内や子宮頸管、膀胱や尿道に寄生します。
トリコモナスについて詳しく知る
尿・腟一般細菌
一般細菌検査は、細菌全般(クラミジア・淋病・マイコプラズマ・ウレアプラズマ・カンジダ・トリコモナス以外)を調べる検査です。細菌は性行為でも感染する可能性があり、当検査では菌の種類やその菌に効く薬剤を調べます。
一般細菌について詳しく知る
HPV
HPVとは、ヒト乳頭腫ウイルス(ヒトパピローマウイルス、human papilloma virus)の略で、皮膚や粘膜の微小な傷から侵入し、イボなどを引き起こすウイルスです。 HPVには100種類以上の型(遺伝子型)が存在し、そのうちのいくつかの種類が子宮頸がんを引き起こすことがわかっています。 子宮頸がん発症リスクの観点から、HPVは高リスク型と低リスク型に分けることができます。 HPV の検査法では、腟分泌物を採取し、高リスク型HPV グループの有無を調べます。
HPVについて詳しく知る


診察時に必要なもの

  1. 1.健康保険証
  2. 2.医療費助成を受けられる方は医療券や受給者証
  3. 3.紹介状
  4. 4.お薬手帳(お持ちでない方は現在、服用中のお薬をご持参ください)
  • 診療保険機関により月初めに保険証の確認が義務づけられております。

  • 保険証の確認が取れない場合は保険診療として取り扱うことができません。

    また、保険証のコピーもお取り扱いしていません。

    この場合、自費診療扱いとなりますが、指定期日内に保険証をお持ちいただければ返金いたします。

  • 当院は、非労災指定医療機関のため、労災対応はしておりません。

  • クレジットカード(JCB、アメックス、VISA、MasterCard、Diners、DISCOVER)の対応可能です。

お待ち時間について

当院では予約優先制のため、ご予約いただいた方を優先的にご案内しております。

診察や処置の内容によってお待ち時間が異なる場合がございます。

また、混雑時にはお待ち時間が長くなる可能性がございますので予めご了承いただきますようお願い申し上げます。

外来WEB予約