皆様、まだまだ暑い日々が続きますが、いかがお過ごしでしょうか。
ワクチン接種が進んでいるものの、感染者数がなかなか減少せず、依然として予断を許さない状況が続いております。
さて、今日のテーマは最近よくお問い合わせをいただいております「海外渡航用の新型コロナワクチン接種証明書について」ご紹介いたします。

◆海外渡航用の新型コロナワクチン接種証明書とは?
接種証明書とは、各市町村で実施された新型コロナウイルス感染症のワクチン接種の事実を公的に証明するものとして、接種者からの申請に基づき交付するものです。

◆接種証明書発行の対象者は?
接種証明書発行については、以下の2つの条件に当てはまる方が対象となります。

1. 予防接種法に基づく新型コロナウイルス感染症のワクチンの接種(医療従事者等の先行・優先接種、職域接種、通常接種(市町村の発行した接種券を使用しての接種)等)を受けたこと。
2. 我が国から海外へ渡航する際、接種証明書を所持していることにより、相手国による防疫措置の緩和が受けられるといった理由から、本証明書を必要とすること。

※海外渡航時の利用を目的としない方、国外等で接種を受けた方(我が国の予防接種法に基づかない接種を受けた方)については、現段階では、発行の対処とはなりません。

◆申請方法は?
① 申請先
→ 接種を受けた際のワクチンの接種券を発行した市町村

② 申請に必要なもの
・申請書 ※1
・海外渡航時に有効なパスポート ※2
・接種券のうち「予診のみ」部分 ※3
・接種済証又は接種記録書 ※4

※1 各市町村で準備されます。
※2 接種証明書に記載されるパスポート番号と海外渡航に使用するパスポートの番号が一致する必要があります。
※3  接種券のうち「予診のみ」部分がない場合、原則としてマイナンバーが確認できる書類(マイナンバーが記載された住民票の写し等)が必要です。
※4 接種済証又は接種記録書を紛失した場合は、予診票の写し(本人控え)でもかまいません。

◆記載内容は?
・接種者に関する事項(氏名、生年月日等)
・新型コロナウイルス感染症のワクチン接種記録(ワクチンの種類、接種年月日等)
・旅券番号等(海外渡航時に利用できるよう)
→これらの情報を日本語と英語で表記します。

◆当院での取り組み
当院ではコロナ関連検査や渡航ワクチンなどの実施が可能です。

<コロナ関連検査>
・PCR検査
・抗原検査
・抗体検査(定量)
・抗体検査(定性)

<渡航ワクチン>
・A型肝炎
・B型肝炎
・狂犬病
・MR(麻疹・風疹)
など

詳しくは当院のホームページをご覧くださいませ。
………………………………………………………………
MYメディカルクリニックHP コロナ関連検査について
https://mymc.jp/ownexpense/#covid19

MYメディカルクリニックHP トラベラーズ外来
https://mymc.jp/travel/
………………………………………………………………

◆参考文献
厚生労働省 海外渡航用の新型コロナワクチン接種券について
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/vaccine_certificate.html

MYメディカルクリニック