ポリオワクチン

ポリオとは

口から入ったポリオウイルスが腸の中で増え、便の中に排泄され、この便を介してさらに他の人に感染し、乳幼児にかかることが多いです。
ポリオに感染してもほとんどの人が症状が出ませんが、発熱、頭痛、咽頭痛、悪心・おう吐、倦怠感、頚部硬直、下肢痛などの症状がみられる場合があります。

日本では1980年からポリオは発生していませんが、海外から入ってくる可能性はあります。入ってきたとしても現在の日本では、ほとんどの人が免疫を持っているので、大きな流行になることはないと考えられますが、予防接種を受けない人が増え、免疫を持たない人が増えるとポリオの流行が起こる可能性が高まります。

ポリオの症状や特徴

ポリオ(急性灰白髄炎、小児まひ)は、ポリオウイルスによって発生する疾病です。潜伏期間は4~35日です。

ポリオに感染してもほとんどの人は症状が出ませんが、発熱、頭痛、咽頭痛、悪心・おう吐、倦怠感、頚部硬直、下肢痛などの症状がみられる場合があります。
重症になると手足の麻痺が起こり、後遺症として運動障害が残ることがあります。 他にも数十年後に突然、疲労、痛み、筋力低下などに悩まされることがあり、ポストポリオ症候群(PPS)と呼ばれています。

ポリオに対する有効な治療法がないため、ワクチン接種によってポリオウイルスの感染を予防する事が最も重要となります。

流行している地域、流行するシーズン

パキスタンやアフガニスタンなどの南西アジアやナイジェリアなどのアフリカ諸国に多く見られます。


ポリオワクチンの説明

生後3ヵ月から接種が可能です。3〜8週間隔で3回接種し、3回目の約1年後に4回目の接種をします。
また、成人で感染がみられる地域へ行く場合に、接種経験が無い、接種回数が不完全、接種の既往がわからない方は、4〜8週間隔で2回の接種、2回目から6〜12ヵ月後に3回目の接種をしてください。

不活化ワクチン:イモバックスポリオ

製剤の特性

ポリオの予防は、全ての方がポリオウイルスに対する免疫をワクチンで獲得することです。

有効性

もともと生ポリオワクチンの定期接種がありましたが、日本でポリオが発生しなくなったということや、小児まひを引き起こす可能性が少しでもあるため、2012年9月1日からワクチン接種をしてもポリオにかかることのない不活化ポリオワクチンに変わりました。

副反応

ワクチン接種後まれに発熱したり接種部位が赤くなったり腫れたりすることがあります。

不活化ワクチンはワクチンの製造過程でウイルスの病原性(毒性)を完全になくしていますので、ワクチンによる小児まひの心配はまったくありません。

その他の留意点

昭和50年から52年生まれの人はポリオワクチンの効果が低かったことがわかっていますので、海外渡航と関係なく追加接種を受けるように努めていただきたいです。

ポリオワクチンの費用

・接種料金:7,700円/回
・接種方法:原則、事前のワクチン確保が必要なため、完全予約制です。

ご予約から接種後の流れ

ご予約
  • ワクチン仮申込フォームを入力し送信してください。 24時間以内(土日・祝日を除く)に、当院からお電話もしくはメールでご連絡を差し上げ、ご予約確定となります。 ※英文証明書をご希望の場合、来院希望日時は申込日から5日後以降の日程をご選択ください。
  • ・事前に接種を希望されるワクチンの問診票を下記よりダウンロードしていただきご記入ください。
ご来院・接種
●お持ち物 問診票・母子手帳・接種証明書・ワクチン手帳(ある方)
  • ・37.5度以上の発熱があるなどの体調不良時には予防接種を受けることができません。
  • ・当院以外でも予防接種をおこなう場合は、ワクチンの接種間隔にご注意ください。
接種後
  • ・接種後15~30分間は体調変化の経過観察をしてください。
  • ・次回のワクチン接種予定がある方は、接種計画(ワクチンの種類・スケジュール)を確認してからご帰宅ください。
  • ・接種当日の激しい運動は避けてください。
  • ・シャワーや入浴は可能ですが、長風呂は避けてください。
  • ・1週間以内に接種部位が赤くなったり痛みが出たりなど、何らかの副反応が生じる場合がありますが、ほとんどの場合は数日以内に自然に軽快します。 日常生活に支障をきたすような症状がある場合、気になる症状がある場合は、当院までお問い合わせください。

注意事項 ※必ず事前にご確認ください。

  • ●初回は必ずワクチン仮申込フォームでの事前お申し込みが必要です。 下記「ワクチン仮申込フォーム」をご入力ください。
  • ●原則、事前のワクチン確保が必要なため、完全予約制です。 当日の接種をご希望の場合は事前に当院へご連絡ください。
  • ●英文証明書をご希望の場合、事前に当院での対応可否を確認しております。 ワクチン仮申込フォームより英文接種証明書をご希望いただき、別途事前にFAXにて記載箇所を明示の上ご送付ください。
  • ●証明書は発行までに数日程度お時間をいただく場合もございますのでスケジュールに余裕をもってお問い合わせください。
  • ●無断キャンセルはキャンセル料を頂く場合がございますので、予約のご変更はお早めにお電話くださいませ。
  • ●中学生以下の方の接種は、小児科医不在のためお断りしております。
  • ●高校生~未成年(20歳未満)の方の接種には保護者同席をお願いしております。

問診票について

予防接種時には問診票の記入が必要です。事前に下記より問診票をダウンロードし、ご記入の上お持ちいただくと当日スムーズにご案内可能です。 (当日の状況次第では、お待ち時間が発生する可能性がございます。) 未成年の方の予防接種には、保護者の方の同意が必要です。 保護者の方が予防接種時に付き添えない場合には、事前に問診票をダウンロードしていただき、保護者の方のサインをご記入の上ご持参くださいませ。 医師問診の際に、保護者の方にオンラインでお繋ぎいただくことによって未成年の方は予防接種可能となります。 ※医師の判断により、予防接種を中止することがございます。 あらかじめご了承ください。

各種証明書

証明書の種類と料金

証明書の種類 料金
当院書式【日本語】 3,300円(税込)
予診票コピー【日本語】
領収書【日本語】
当院書式【英語】 5,500円(税込)
当院以外の指定書式【英語※事前相談必須】 5,500円(税込)

「国際基準」のワクチン接種記録手帳

ワクチン接種記録手帳3,300円(税込)

当院で接種されたワクチンについては、WHO(国際保健機構)の手帳に記載いたします。 1冊あたり3,300円(税込)です。