ブログ

  • クリニック
  • 紹介
  • クリニックブログ
  • 情報
  • 豆知識
2022/01/31

健康診断の受診はお済みですか??

大寒が過ぎてもまだまだ肌を刺すような寒さに耐える日々が続きますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?感染拡大中のコロナウイルスのみならず、感染症や寒暖差によって例年体調を崩す方が多くなる時期でございますので、皆様の健康を祈るばかりです。
オミクロン株の流行による急激な感染再拡大により、まだまだコロナウイルスへの関心が尽きることはありませんが、そのような状況下でも忘れてはいけないのが年1回の健康診断の受診です!!

 

■健康診断の受診義務
働く皆様は会社からの案内で年に一度健康診断を受診されているかと思いますが、実は毎年の健康診断は、労働安全衛生法によって定められた企業の義務なのです。
企業はこの義務を守らなかった場合、労働基準監督署から指導が入り、50万円以下の罰金の支払いを命じられることもあります。過労死や労働者の生活習慣病などが社会問題化する昨今では、世間からの労働者の健康への関心が非常に高まっており、健康診断を受けさせていない状態で労働災害が発生した際に、罰金に留まらず書類送検された事例もあります。
一方で、企業がどれほど健康診断の受診を呼びかけても、「時間がない」、「面倒だから」といった理由で会社から案内される健康診断を受けない人は一定数おり、結果として企業が健康診断の未実施違反を犯しているとみなされてしまうことも少なくありません。しかし、健康診断の受診は労働者にも義務付けられており、企業からの受診の呼びかけを無視し続ければ行政からの罰則こそありませんが、会社の就業規則等に基づいて懲戒処分が下されることもあります。
法律で定められているのはもちろんのこと、何より健康の保持増進、心身ともに豊かな生活を皆様が営むために、年に1回の健康診断を受診するようにしましょう!

 

■どんな検査を受けるのでしょう?
健康診断は受診そのもの以外に、その受診内容についても法律によって細かく定められています。年齢などによって医師の判断で省略できる項目もありますが、基本的にはどの項目も皆様の健康維持に必要な確認項目となっています。厚生労働省の資料によると、検査項目は下記の内容とされています。

◯は必須項目、△は医師の判断で省略可能な項目

上記の表は年に一度の定期健診における内容ですが、新入社員に受けさせる義務がある雇入時健康診断では、上記項目のうち喀痰検査以外すべて必須項目となっています。

 

■異常が見つかったら?
年齢や性別によって気になる項目は変わるかと思いますが、どの項目でも異常があった場合、医師、保健師からの指導を受けることを強くおすすめします。特に、脳や心臓に関わる病気を発症する可能性が高いと判断された方については、二次健康診断といって脳の血管や心臓の状態を把握するための二次的な検査や発症を予防するための特定保健指導を自己負担なしで受けることもできます。
また、当院では上記の二次健康診断や特定保健指導の他に、アフターフォロー面談といって、健康診断の結果で異常を指摘された方やご不安な方、ご不明な点がある方が気軽に医師に相談することができる外来枠もご用意しております。

 

■万全の体制で皆様の受診をお待ちしております!
当院は2022年1月11日に大手町駅直通の大手町プレイス地下2階に新規院が開院し、現在はMYメディカルクリニック渋谷とMYメディカルクリニック大手町の2院体制で健康診断の受け入れを行っております。両院ともに1日に200名以上の健康診断の受け入れが可能であり、通常の検査内容に加えて、アレルギー検査、甲状腺検査、HIV検査、胃粘膜の状態とピロリ菌感染の有無を調べるABC検査etc…等、充実したオプション検査のご用意もございますので、ぜひ一度当院での健康診断の受診をお試しください!!

 

   

MYメディカルクリニック渋谷         MYメディカルクリニック大手町

 

参考文献
厚生労働省 労働安全衛生法に基づく定期健康診断
https://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-11201000-Roudoukijunkyoku-Soumuka/0000136750.pdf

一覧に戻る