ジフテリアは5歳以下の小児や40歳以上が重症化しやすい感染症

  • クリニックブログ
2023/12/26

ジフテリアは5歳以下の小児や40歳以上が重症化しやすい感染症

ジフテリアは、ジフテリア菌が感染して呼吸困難や不整脈になるリスクなどがある感染症です。
ジフテリアに感染すると5歳以下の小児、および40歳以上の方が重症化しやすいのでワクチン接種が有効です。
 
この記事では、ジフテリアの症状や治療法、ジフテリアにならないための予防法について解説します。
5歳以下の子供がいるご両親は、ぜひ最後までこの記事を読んで早めに医療機関を受診し、ワクチン接種を受けてください。

 

ジフテリアはどのような感染症?

ジフテリアは、土の中や空気中のジフテリア菌が人間の体内に感染し、くしゃみなどで細菌が飛沫して他の方にも感染します。
主に幼児と40歳以上が重症化しやすい感染症です。

環境中のジフテリア菌が体内に入り感染する

ジフテリアという病名を一度でも聞いたことがある方は多くいらっしゃると思います。
子供の頃、注射を受けて怖くて泣いた方も多いことでしょう。
ジフテリアは今日の日本では、稀な感染症です。
日本国内では1999年に報告されて以来、感染者の報告はありません。
 
ジフテリア菌という細菌による感染症で、感染者の体内からくしゃみなどで空気中やドアノブなどに飛沫し、その細菌が他の方の体内に感染することで拡大します。
感染したジフテリア菌は鼻や喉の粘膜で発症して毒素を発生させます。
 

主に5歳以下の小児と40歳以上大人が感染すると重症化することもある

ジフテリアはワクチン接種の普及により、日本では稀な感染症ですが全世界では現在もジフテリアに感染し、10%程度の方が死亡しているといわれています。
ジフテリアは5歳以下の小児と40歳以上の方が感染すると重篤化しやすく、ジフテリア菌の毒素が心臓や腎臓、神経に作用すると呼吸に必要な横隔膜とよばれる膜や心不全を起こして最悪の場合には死に至ることがあります。

 

 ワクチン・予防接種についてはこちら

詳しくはこちら

 

ジフテリアの症状は急な発熱・のどの痛みや呼吸困難も

ジフテリアの症状は、風邪のような初期症状から始まり、重症化すると呼吸困難や不整脈で死に至ることもある感染症です。

風邪のような初期症状から重篤な呼吸困難も現れる

ジフテリアの症状は、2~5日程度の潜伏期間の後に倦怠感、鼻水、発熱など風邪のような初期症状があらわれます。
その後は、感染した部位によって、現れる症状がさまざまです。
 

不整脈や気道閉塞で死に至ることもある

ジフテリア菌がのどに感染した場合、発生した毒素が血液にのって心臓に達し、心臓疾患による死亡のリスクや、のどに炎症が起こったことが原因で膿が気道を塞いでしまった場合には、気道閉塞により呼吸困難になることがあります。
 
また、ジフテリア菌の毒素は神経にも作用することがあり、手足の神経に作用すると手足の麻痺が生じ、のどの神経に作用すると食べ物がのみ込めなくなります。
また、呼吸の神経に作用すると、呼吸ができなくなってしまいます。

 
 

ジフテリアの治療は抗菌薬と抗毒素療法の2種類

ジフテリアに感染してしまったら、治療方法として抗菌薬とジフテリアが放出する毒素を消滅させる抗毒素療法で治療します。

ジフテリアの治療は抗菌薬と抗毒素療法

日本国内でジフテリアは稀な感染症ですが、感染すると悪化がとても早く入院による治療が必要な感染症です。
ジフテリアの治療には抗菌薬と体内で発生する毒素の中和が必要なために、ジフテリア血清という人間以外の動物から採取された血清を使い静脈や筋肉に点滴で投薬します。
 
さらに、体内のジフテリア菌が死滅するまでマクロライド系、ペニシリン系の抗菌薬を投薬します。
 

副作用はアナフィラキシーショックのリスクがあることも

血清療法に使用される血清は、人間以外の動物から採取されたために人間の体内に投与すると身体が異物とみなしてアレルギー反応を起こし、アナフィラキシーショックを生じるリスクがあります。
この場合には、症状があらわれてから30分から1時間から死亡に至ることもある生命に関わるアレルギー反応のため速やかな対処が必要です。
 
アナフィラキシーショックの症状は、のどの奥の粘膜が腫れて呼吸ができない、血圧が急激に下がり全身に必要な血液が供給できないなど、非常に重篤な症状が現れます。
アナフィラキシーショックの初期症状は、腹痛、頭痛、嘔吐などから症状が進行すると意識障害、けいれん、呼吸停止などの死に関わる症状へと進行します。
 

<アナフィラキシーの症状>

  • ● 違和感やかゆみが口や皮膚にあらわれる
  • ● 全身にじんましんが出て赤く腫れる
  • ● 下痢
  • ● 腹痛
  • ● 嘔吐
  • ● 眼が充血する
  • ● 頭痛
  • ● めまい
  • ● 冷や汗
  • ● 動悸
  • ● 気道閉塞
  • ● 血圧が低下によるショック状態

 

<アナフィラキシーショックの重篤な症状>

  • ● 意識障害
  • ● けいれん
  • ● 呼吸停止

 
 

小児はジフテリアワクチン接種で予防をしましょう

ジフテリアはワクチン接種で95%程減少することができる感染症です。
必ず予防接種することが大切です。
とくに、ジフテリアの発生国に渡航予定がある方はブースター接種が有効になります。

 

予防ワクチンは生後2ヶ月から

ジフテリアはワクチン接種をすることで感染が95%程減少させる効果があるため、日本では生後2ヶ月からジフテリアワクチンの接種をしています。
 

ジフテリアワクチンのスケジュールと海外の発生地域

ジフテリアワクチンは2期にわけて接種する必要があります。
 
1期: 初回接種は生後2ヵ月~12ヵ月までの間に初回のワクチン接種を行い、その後は20~56日くらいの間隔をあけて3回の接種を行います。
2期: 次のワクチン接種は、11~12歳の間に1回接種をします。
 
ジフテリアが発生している国は、現在ナイジェリア共和国で大発生しています。
その他の国はハイチ、ドミニカ共和国、ベネズエラ、南太平洋の島国、中東、東欧の国々、アジアでジフテリアに感染者が多いため、これらの国々に渡航歴や渡航予定がある方はブースター接種を受けて免疫を保つことが大切です。


 
 

まとめ

ジフテリアは、感染者がくしゃみをしたりジフテリア菌がついた手でドアノブを触るなどで感染します。
主に小児の感染症ですが、免疫が弱くなっている大人やジフテリア発生地へ旅行した場合に感染する可能性があります。

初期症状はのどの痛みや咳など風邪のような症状から始まり、不整脈や呼吸困難、さらに重篤になると死に至ることもあります。
ジフテリアはワクチン接種が効果的な予防法です。
ジフテリア発生地に旅行予定がある方や、小児のお子様には必ず予防ワクチンを接種しましょう。


 

 ワクチン・予防接種についてはこちら

詳しくはこちら

 

  

MYメディカルクリニック渋谷 笹倉 渉医師

監修:MYメディカルクリニック渋谷 非常勤医

笹倉 渉 Dr. Sasakura Wataru

資格

略歴

  • 藤田保健衛生大学医学部 卒業
  • 公立昭和病院
  • 東京慈恵会医科大学附属病院麻酔科 助教
  • 北部地区医師会病院麻酔科 科長
  • 2016年 MYメディカルクリニック 医師
一覧に戻る