関東もまもなく梅雨入りと思われますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
今回のブログは梅雨時期の熱中症対策についてです。

6月は湿度対策をしても、熱中症対策はまだという方も多いのではないでしょうか。
梅雨の合間の気温が高い日や、梅雨明け前後の湿度が高く、蒸し暑い日は熱中症が増加する傾向があります。
晴れていなくても、室内でも、高温多湿の環境で脱水や熱中症になることもあるので十分気をつけましょう。
とくに高齢者の方は暑さを感じにくいので注意が必要です。
現在マスクの着用は必要ですが、汗の蒸発が妨げられるなど体温調節ができず、脱水等を起こしやすくなります。
室温は28℃を超えないようエアコンや扇風機を上手に使ったり、日頃から栄養バランスのよい食事や十分な休息をとり、暑さに負けない体をづくりをしていくことも、脱水や熱中症の予防になります。
夏本番に備え、できることから始めてみてはいかがでしょうか。

熱中症予防のポイントは3つ!

《こまめに水分補給をする》
・こまめに水分補給・のどが渇く前に水分補給しましょう。
・1日あたり1.2ℓの水分補給・起床時、入浴前後に水分を補給しましょう。

《高温・多湿・直射日光を避ける》
・日陰を選んで歩きましょう。
・涼しい場所に避難しましょう。
・適宜休憩し、頑張らない、無理をしないようにしましょう。
・玄関に網戸を付けて開ける、向き合う窓を開けるなど風通しを良くしましょう。
・ブラインドやすだれを活用し、窓からの日差しを遮りましょう。
・我慢せずに冷房を入れる、扇風機も利用しましょう。
・ゆったりした衣服で、襟元をゆるめて通気しましょう。

《暑さに備えた体力をつける》
暑い日が続くと、体がしだいに暑さに慣れて(暑熱順化)、暑さに強くなります。
暑熱順化は、「やや暑い環境」で「ややきつい」と感じる強度で毎日30分程度の運動(ウォーキングなど)を継続することで獲得できます。
暑熱順化は運動開始数日後から起こり、2週間程度で完成するといわれています。
汗をかかない季節の段階から、少し早足でウォーキングし汗をかく機会を増やすと、夏の暑さに負けない体をより早く準備できます。

参考資料:
総務省消防庁HP
https://www.fdma.go.jp/disaster/heatstroke/post3.html

東京消防庁HP
https://www.tfd.metro.tokyo.lg.jp/lfe/topics/202005/heat.html

MYメディカルクリニック