みなさま、A型肝炎をご存知でしょうか。

A型肝炎はA型肝炎ウイルス(HAV)に感染して起きる疾患で、主な症状は急性肝炎によって引き起こされる発熱、倦怠感、食欲不振、嘔吐、下痢、黄疸(白目の部分や肌の色が黄色くなる)になります。HAVは糞便中に排泄され、糞口感染で広がりますので、上下水道などが整備されていない、衛生環境がよくない国や地域で発生がしやすくなっています。

今までなんとなく耳にしたことはあると思いますが、実は日本での感染者報告数は2018年から急増しており、今後特に気をつけなくてはいけない感染症の1つと言えます。

A型肝炎患者数推移
出処:東京都感染症情報センター

海外からの渡航者、海外への渡航者が年々増える国際社会の流れの中で、日本でもA型肝炎の感染予防対策は今まで以上に社会的に重要な問題として認識されるようになってくると思われます。

A型肝炎はワクチンで予防できる感染症です。予防接種をしっかり3回接種すれば、5年間有効な免疫抗体を作ることができると考えられており、初回接種から2~4週間の間隔で2回目、その5ヶ月後に3回目が推奨されているスケジュールとなります。

とりわけ、アフリカ大陸やアジア全域、南アメリカ大陸へ旅行や赴任される方はしっかりと知識を持ち、ワクチン接種による予防をしていきましょう。
当院では、A型肝炎ワクチン(エームゲン)を9,000円(税込)でご提供しております。詳しくはトラベラーズ外来・A型肝炎ページをご確認ください。

MYメディカルクリニック