ようやく梅雨明けの季節となってきました。
2020年の春からマスクを付ける生活が当たり前になり、大人数で集まることが禁止され、スポーツ観戦や映画鑑賞などの娯楽、日々の人間関係を支えていた食事処でのコミュニケーションが制約され、日本ではそんな「新しい日常」が続いておりますが、コロナワクチン接種が進んでいる欧米では、長く続いた行動制限が次第に緩和されつつあり、スポーツ観戦や海外旅行の需要が回復してきているとの報道も出てきております。

過去の日常に完璧に戻ることはできていませんが、コロナワクチン接種がそれを取り戻すために重要な役割を持っており、機能してきていることは間違いないとおもわれます。

さて、日本のコロナワクチン接種率の進捗はどうでしょうか。

★国の動き
公表されている情報によりますと、厚生労働省は6月末までに65歳以上の高齢者3,600万人に2回接種できる量のファイザー製ワクチンを自治体に配布いたしました。また、7月から基礎疾患のある人や64歳以下の一般接種向けの配送を始めており、7月5日から7月19日からのそれぞれ2週間で、それぞれ1,170万回分のワクチンを自治体に配送しております。厚生労働省はファイザー社と年内に合計1億9,400万回の供給を受ける契約を結んでいると報道されています。

▼厚生労働省「ファイザー社の新型コロナワクチンの供給の見通し」
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/vaccine_supply.html

職域接種で使用されているモデルナ製のワクチンの供給とあわせて、一般向けの接種が本格化しています。

7月4日時点ではおよそ3,162万人(2回接種はそのうち1750万人)、接種した人の割合は25%(2回接種はそのうちおよそ14%)となっており、約1ヶ月半で国民の4分の1の方が接種をしたことになります。
接種スピードの加速化が進むあまり、ワクチンの供給が追い付かなくなる可能性など取りざたされておりますが、着実に一歩一歩、集団免疫の獲得による「当たり前の日常」を取り戻すために進んでいます。

★MYメディカルクリニックでも「一般接種」開始
MYメディカルクリニックでも渋谷エリアの個別接種会場として、接種率向上に協力させていただいております。これまで医療従事者および65歳以上の高齢者の方々をお迎えしておりましたが、7月上旬より就労世代も含まれた一般接種も開始してまいります。

様々な制約下で、コロナワクチン接種率の向上という一つの目標に向かって多くの方々が協力・共同しており、MYメディカルクリニックもその一助となれれば幸いでございます。
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/vaccine_supply.html

MYメディカルクリニック