海外渡航時陰性証明書

海外渡航時陰性証明書

国名

スペイン

入国時に必要な陰性証明書の提出有無とその条件について掲載しています。
必要情報は随時更新されるため、ご出発前にはご自身で大使館等にご確認ください。

最終更新日 : 2022年06月02日

陰性証明書の
提出の有無
必要
陰性証明書が必要となる対象者全ての入国者※ワクチン接種完了者は対象外
検査方法の指定・PCR検査・抗原検査
検体採取方法の指定
証明書の有効期間出発前72時間以内(PCR検査、TMA、LAMP検査、NEARなど)出発前24時間以内(抗原検査)
証明書の取得形式紙又はデータ
証明書の言語指定英語、スペイン語、ドイツ語、フランス語
証明書のフォーマット指定
証明書の記載する必須項目(フォーマットの指定が無の場合のみ)
医療機関の指定
提示・提出場所
備考日本は、スペインが指定する「入国制限解除対象国・地域」から除外されており、以下の場合を除き、日本からの渡航は禁止する。(ア)ワクチン接種証明書の所持者(イ)スペイン政府が指定する入国制限の例外に該当する者で、以下①~③のうち、いずれか1点の所持者 ①スペイン到着前72時間以内に発行されたPCR検査の陰性証明書 ②スペイン到着前24時間以内に発行された欧州委員会が認める抗原検査の陰性証明書  ③治癒証明書