海外渡航時陰性証明書

海外渡航時陰性証明書

国名

フランス

入国時に必要な陰性証明書の提出有無とその条件について掲載しています。
必要情報は随時更新されるため、ご出発前にはご自身で大使館等にご確認ください。

最終更新日 : 2022年06月02日

陰性証明書の
提出の有無
必要
陰性証明書が必要となる対象者全ての入国者※12歳未満の方は対象外※ワクチン接種証明書を提示できる者は対象外※グリーン指定国に該当する者は対象外
検査方法の指定・PCR検査・抗原検査
検体採取方法の指定
証明書の有効期間入国前72時間以内(PCR検査)入国前48時間以内(抗原検査)
証明書の取得形式
証明書の言語指定
証明書のフォーマット指定
証明書の記載する必須項目(フォーマットの指定が無の場合のみ)
医療機関の指定
提示・提出場所
備考日本からフランスに渡航する場合ワクチン接種済みであれば、搭乗前の検査、到着時の検査及び到着後の隔離は不要。 ワクチン未接種の場合は以下のいずれかが必要。 ア 入国前72時間以内に実施したPCR検査又は入国前48時間以内に実施した抗原検査の陰性証明書 イ 罹患した際に実施したPCR検査又は抗原検査の陽性証明書(陽性判明から11日以上経過しており、6か月以内のものであることが必要)フランスに渡航するすべての旅行者は、欧州デジタル式旅客位置情報フォーム(dPLF)に入力しなければなりません。