日中は汗ばむ陽気も増えてまいりましたが、爽やかな風が心地良い今日この頃です。皆様いかがお過ごしでしょうか。

本日は、来たる今月31日の世界禁煙デーにあわせまして、たばこのお話をさせていただきます。

世界保健機関(WHO)は平成元年、5月31日を「世界禁煙デー」と定めました。タバコフリー(たばこから解放された)社会の構築を目指し、日本を含む世界各国でキャンペーンが行われています

日本では健康増進法改正により、昨年度から飲食店などの施設での喫煙が原則全面的に禁止されました。
余談でございますが、上記の内容で検索しましたところ、「居酒屋 禁煙 ありえない」というキーワードが現れ、喫煙される皆様の切なる心のうちを感じられました。

しかし、たばこが身体に悪影響を及ぼすことは周知の事実です。ここからは、たばこがあなたに与える影響について言及していきます。

喫煙による影響
緊張や我慢の連続である現代社会。どこかでストレスを発散させようとついつい吸ってしまうという人も多いのかもしれません。
確かに息抜きは大切ですが、長期的視点で喫煙について考えてみると以下のことが懸念されます。

①寿命を縮めている
たばこを吸う人の死亡率は、吸わない人と比べて男性は1.6倍、女性は1.9倍です。主にがんや心臓病、脳卒中などの循環器疾患で命を落としています。国立研究開発法人国立がん研究センターの推計によると、亡くなられた男性の5人に1人は、たばこを吸わなければ防ぐことのできた死亡だったとのことです。

(出典: 国立研究開発法人国立がん研究センター予防研究グループ
https://epi.ncc.go.jp/jphc/outcome/252.html

②副流煙被害
たばこには、喫煙者が直接吸い込む主流煙と、火のついた先端部分から立ち上る副流煙があります。この副流煙は自分の意志とは関係なく吸い込んでしまい、それでいて身体に有害な成分は主流煙より多いと言われています。たばこは自分の身体だけでなく、家族などの大切な人たちの健康にも悪い影響を及ぼしてしまいます。

③たばこ代
1年間のたばこの支出について考えてみたことはありますか?
1日1箱(20本500円)を1年間吸う場合、なんと約20万円の支出に上ります。
3年で60万円、30年では600万円に達します。

日本禁煙学会が2012年に主催した動画CMコンテストの第1位受賞作品(https://youtube.com/playlist?list=PLJAiqCCGX663zXV_wMFzOYTXTYhYU-_q7)では吸う人と吸わない人の違いをシンプルに表しており、最終的に50年分の違いがどんなものになるのかは必見です。

やめられない理由はニコチン依存症
喫煙習慣をなかなかやめられないのは、強い依存性のあるニコチンが原因です。ニコチンは神経毒性の強い猛毒で、化学物質としては毒物に指定されており、煙から体内に取り込まれると、血液中に急速に広がります。そして、脳に到達すると、快感を生じさせるドーパミンが過剰に放出し、この作用による強い快感からさらに吸いたいという欲求が生まれるのです。
しかし、厚生労働省の調査によると、現在の喫煙者のうち、たばこをやめたいと思っている人の割合は32.4%で、男女別にみると男性30.6%、女性38.0%となっています。喫煙者のうち、約3人に1人はたばこをやめたいと思っている事実があるのです。

禁煙できない方は禁煙外来も検討を!
当院では禁煙外来(https://mymc.jp/subjectguide/#link5)を行っており、禁煙したくてもなかなかできない皆様へのサポートをしています。
3ヶ月で計5回の診察から、禁煙を目指すことが出来ます。内服薬による治療となっており、条件を満たせば保険適用でご受診いただくことも可能です。

お仕事が忙しく通院の難しい方や、コロナへの感染リスクが心配な方でも安心してご受診いただけるようなオンライン診療も対応しております。
少しでも「禁煙したい」と思った方は、お気軽にご相談くださいませ。

今回の世界禁煙デーにあわせて、ぜひ禁煙してみましょう。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

〈参考文献〉
厚生労働省「世界禁煙デー」
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000083582_00003.html

日本禁煙学会「新型コロナウイルス感染症とタバコ」2020.11
http://www.jstc.or.jp/uploads/uploads/files/information/CORONA2021.pdf

MYメディカルクリニック