11月に入り肌寒く、また外気や室内の乾燥が目立つ季節となりました。通常インフルエンザの流行期は1月から3月上旬が中心とされていますが、外来ではこの時期より徐々にインフルエンザに感染する患者さんが増加してきます。

 当院では10月1日より、インフルエンザワクチン予防接種のご提供を開始しております。ワクチンが十分な効果を維持する期間は接種後約2週間から約5ヶ月(インフルエンザ・肺炎球菌感染症予防接種ガイドライン2019年度版)とされておりますので、ご予定に合わせて早めの接種をお勧めします。

 インフルエンザは、重篤化すると肺炎や脳炎・脳症の併発を招くなどの危険性があります。重篤化や感染拡大を防ぐためにも、ワクチン接種に加えて、発症初期での迅速検査、早期診断・治療開始が求められています。

そのため、当院では今まではウイルスの検出が難しかった、発症早期の患者さまにも診断が可能になるよう、従来の検査キットに加えて、特殊技術により少ないウイルス量でも検出が可能な高感度検出装置を院内に2機種備えております。

●アークレイ社 スポットケムFLORA SF-5520

アークレイ・スポットケム

●富士フイルム社 富士ドライケムIMMUNO AG1
富士ドライケム

 以前はインフルエンザにかかり、高熱が出て受診しても発症後間もないために、明日また来てくださいと、言われたことはあったかもしれません。
 これらの装置で、早期の診断と早期の抗インフルエンザ薬の投与が可能となり、発症から治癒までの期間も短くなるため、感染拡大も防ぐ事が出来ます。
 発熱、関節痛・筋肉痛、咳・鼻水など、インフルエンザにかかったかな?と思ったら早めに外来でご相談ください。

MYメディカルクリニック